×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クリック証券 口座開設,レビュー

☆クリック証券で口座開設してみました

一日数分、月15万円稼いだFX爆益男のFXレポート【134ページ】を無料で差し上げています!

 

 

⇒FXの口座開設審査が通るか不安な方はコチラ

 

 

 

 

 

その流れを簡単ですが説明いたします。

 

ダウンタウンの松本仁志さんをイメージキャラクターに抜擢していてとてもイメージが・・・いいのか?僕的にはダウンタウン大好き 笑

 

「笑える時代、つくろうや」で最近CMでもおなじみのヒトシマツモトが砂漠の上をタイヤを引いて歩くアレです 笑
あの松本仁志を採用しているなんて、かなり力を入れてるなと感じましたし、自分たちのサービスによほど自信があるのだろう、と感じました。

 

<口座開設の流れ>
まずクリック証券のホームページにアクセスして


口座開設をクリックします。
名前や電話番号など必要事項を記入する画面になるのですが

 

ここで一つ注意事項。

 

FX取引暦なのですがまったく経験がないと審査に通らない場合が
ありますので、ここは「1年以上」としてください。

 

経験がまったくないと審査に通らない、といった業者もいます。ご注意ください。

 

それとFX取引時におけるリスクについてのポイントも頭に多少なりとも入れておかないといけません。
クリック証券には審査がありますのでFX取引における業者の規定とリスクの基本を覚えておいてください。
ここは本当に基本的なことですので、ささっと軽く規定を読んでおきましょう。

 

審査といってもたいしたことではないです。
僕もはじめは緊張しましたが(審査が通るかな〜?汗 など)

 

規定などすこし読んでおけば大丈夫です。

 

他にも審査に関して注意事項がありますので
・過去に審査に通らなかったという方
・審査に通るか不安だ

 

という方は
「FX口座開設審査に通りやすくするための7つのポイント」という私が作成したレポートがありますので目を通していただければ幸いです。

⇒無料レポートを読んでみる

 

 

 

申し込み内容に不備がないことを確認し、FX業者に送信されれば、先ほど入力したメールアドレスに「申し込み受け付けました」メールが届きます。

 

 

■本人確認書類「正式な申込書」の提出

 

最後に本人確認書類「正式な申込書」の提出となります。
僕が行った方法は、運転免許証をカメラで撮影し、メールに添付しました。
メールに添付する場合は表はもちろんのこと、裏面も記載があればそれも送りましょう。
本人確認できる書類であればOKなので「運転免許証」「保険証」があればOKです。
FAXや郵送という手段もあります。「運転免許証」「保険証」をコピーして送付しましょう。

 

 

■約2日後、口座開設手続き完了のご案内が到着
送った後、2日もしたらクリック証券より簡易書留が来ました。

審査がとおり、口座の準備が整いましたよ、という書留です。

 

かなり重要な書類<クリック証券の口座にログインするためのユーザーIDやログインパスワード>ですので受け取り時にはサインか印鑑が必要でした。

 

スタートアップガイド<クリック証券の特徴やサポートツールの紹介、取引までの流れが書いてあるもの>
も一緒に送付されてきました。

 

ここで僕は審査に通りましたが、多額の負債などを抱えていなければたいていの場合は審査に通るとおもいます。

 

 

■口座に入金
ユーザーIDとパスワードを使って口座に入金。
はじめは少なめの金額を入金し、取引していきましょう。
僕は10万円から始めました。もっとすくなくてもいいくらいです。

 

 

■ソフトウエアのダウンロード
次にFX業者が提供するソフトウエアを自分の取引するスタイルにあったものをダウンロードしましょう。
口座への入金がすめば取引できる環境が整ったことになります。

 

携帯電話での取り引きが便利ですが、はじめはパソコンをつかって取引しましょう。

 

まずはパソコンでの取引に必要な
「はっちゅうくんFX」のダウンロードですね。

 

携帯電話で取引する場合は「モバトレ君」

 

ですが初めて取引する場合はまず相場に慣れていただくためにデモ取引でFXを体験したほうがいいです。

 

やはりはじめは何事も怖いし、FXの場合は直でお金が増減するので慎重に進めていったほうが良いです。

 

無料で、取引にお金の使うことのない「バーチャルFX」で実際の取引環境を体験したほうがいいでしょう。

 

⇒FXの口座開設審査が通るか不安な方はコチラ

 

 

>>クリック証券の特徴